Filofolio(フィロフォリィオ)はフィレンツェ、観光名所のひとつピッティ宮殿の近くにあるマーブル紙・製本工房&ショップ。
オリジナルマーブル紙製品ほか皮製の手帳・小物などもあります。
オーナーのOMEROさんはマーブリングのマエストロ・・・次々とリズミカルにいろいろなマーブル模様を描き染め付けていきます。伝統的な模様から現代的でモダンな模様まで彼の頭の中にはマーブル模様のデザインがぎっしり詰まっています。
運が良ければ彼がマーブリングをしているところが見れるかもしれません。
誰にでも楽しめるマーブリング・・・でも奥は深く、絵の具が糊面から沈んでしまったり、紙と糊面の間に空気が入ってしまい模様が抜け落ちたり、天候に左右されたり、商品として扱えるマーブル紙に仕上げるにはたいへん手間もかかり慎重さを要する作業なのです。
親切なOMEROさん、この日彼よりも先にお店に到着しドアの前で待っていたわたしのやる気マンマンの気持ちが伝わったのか、道具の使い方、絵の具の種類、失敗しないための裏技など、いろいろと伝授してくれました。このとき彼が書いてくれたメモはわたしの宝物です。
April/2004/1yanagi

homenewsproductabout uscontact